ABOUT | Green Philosophy - Food Forest Japan

ABOUT

2018年から松之山の耕作放棄地を十日町市より借りて、協生農法を実践しています。「フォレストガーデン」という名前で、桃、サクランボ、リンゴ、梨、ブドウ、梅、ブルーベリー、ビワ、キウイ、イチジクなど15種類の果樹を300本植えています。また十日町市室野で買い取った山の一部を協生農園「フードフォレスト」として新規造園予定です。

この2つの農園は、会員制です。
会員の方には、公式LINEにより日々の収穫情報などをお送りしています。
会員でない方も、植樹体験にお申込みいただけます。

私の人生を変えた2つの体験、
木で熟れた果物を食べる
木を植える
を提供します。

協生農法については、三重県伊勢市の(株)さくら自然塾の大塚隆さんが講習会をされ、またブログ「野人エッセイす」や書籍で説明されています。ソニーコンピュータサイエンス研究所の舩橋真俊さんが、協生農法(訳語Synecoulture)の研究を続けられています。「協生農法実践マニュアル2016年版」も発行されました。

私は2017年秋に協生農法に出会い、伊勢市での講習会に参加、大塚さんと社団法人シネコカルチャーの講師で舩橋さんのアシスタントリサーチャーでもある太田耕作さんの講演を聞き、マニュアルを読み、大塚さんのブログに日々学びながら、新潟県十日町市で、実践を重ねています。